【みやざき時間旅行】今回の旅行先 昭和42年「鶴島水泳場」って?

飛び込み台から勢いよく飛び込む子どもたちの写真が大きく載っています。かつて大淀川に設置されていた「鶴島水泳場」を知らない皆さんのために、今回は泳いだ経験のある市職員に、当時を振り返ってもらいました。

昭和24年から続く市広報みやざきが電子書籍で閲覧できる「宮崎市アーカイブス」。
ここでは、時代を感じさせる過去の面白い記事を発掘します!

[川ではダクマエビ(テナガエビ)を獲って遊んだりもしましたよ]

飛び込み台から勢いよく飛び込む子どもたちの写真が大きく載っています。かつて大淀川に設置されていた「鶴島水泳場」を知らない皆さんのために、今回は泳いだ経験のある市職員に、当時を振り返ってもらいました。

昭和24年から続く市広報みやざきが電子書籍で閲覧できる「宮崎市アーカイブス」。
ここでは、時代を感じさせる過去の面白い記事を発掘します!

今月発掘するのは、昭和42年7月号に掲載された「鶴島水泳場」です。

飛び込み台から勢いよく飛び込む子どもたちの写真が大きく載っています。かつて大淀川に設置されていた「鶴島水泳場」を知らない皆さんのために、今回は泳いだ経験のある市職員に、当時を振り返ってもらいました。


川ではダクマエビ(テナガエビ)を獲って遊んだりもしましたよ

私が通っていた大淀小学校にプールはありましたが、夏休みの間、プールが開いていない日に、近所の友だちと一緒に鶴島水泳場に行ったことがあります。

飛び込み台は小学校の高学年が占拠し、低学年の子どもはなかなか登ることができなかったと記憶しています。

水位が上がらないと飛び込みができないので、満潮になるのを待っていました。満潮時には、川の水がほんのりしょっぱかったことを覚えています。プールでは味わえない感覚でした。


この記事をおすすめする人

【みやざき時間旅行】今回の旅行先 昭和42年「鶴島水泳場」って? 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

注目!

市広報みやざき 2015年7月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック