【試合詳細】無念!PK負け再び J.FC MIYAZAKI 宮崎ダービーを落とす

九州サッカーリーグ 宮崎県勢同士の戦い「宮崎ダービー」今期2戦目

J.FC MIYAZAKI  対 テゲバジャーロ宮崎

日時:2015年7月19日 日曜日 13:00
場所:綾町 錦原運動公園 国際交流広場サッカー場

ピッチコンディションにより戦術変更を余儀なくされる

[【前半の内容】決定機を幾度もつくるが得点につながらず]

九州サッカーリーグ 宮崎県勢同士の戦い「宮崎ダービー」今期2戦目

J.FC MIYAZAKI  対 テゲバジャーロ宮崎

日時:2015年7月19日 日曜日 13:00
場所:綾町 錦原運動公園 国際交流広場サッカー場

ピッチコンディションにより戦術変更を余儀なくされる

 2015年7月19日(日)、時折降る雨の中、綾町「錦原運動公園 国際交流広場サッカー場」で行なわれた。

 J.FC MIYAZAKIの本来の戦い方はパスでつないでいくサッカー。『全員攻撃、全員守備』でどんな場面でも数的優位を作りながら守備をし、ボールを運んでいく。しかし、試合前の大雨でピッチコンディションは不良。ところどころ水たまりもあり、ボールがイレギュラーな動きをする。本来のつなぐサッカーでは非常に不利になる。

 そこで、J.FC MIYAZAKIはまずは前線にボールを放り込み、競り合うところからチャンスを作っていこうという戦術をとった。テゲバジャーロ宮崎も同様の戦術をとってきた。


【前半の内容】決定機を幾度もつくるが得点につながらず

 前半は特に左サイドの攻防に終始した。J.FC MIYAZAKIは村山(背番号10)を起点としてパスを前線に供給し続けた。ロングボールをあげ、いくつかシュートにつなげるものの、相手の守備に阻まれてしまう。前半の終わりには、郷司(背番号14)がスピードにのったドリブルで敵陣突破を仕掛け、好位置でファウルをもらう。そして、フリーキックのクロスの折り返しに、田中(背番号4)が合わせるものの、惜しくもキーパーの好セーブに止められる。


<幾度となく決定機をつくった村山(背番号10)。精度の高いパスが光った。>


<前半最大のチャンス。田中(背番号4)がクロスの折り返しにヘディングで合わせるものの、キーパーに阻まれる。>


<長友(背番号7)のミドルシュート! 水しぶきをあげてゴールに迫るもキーパーの正面。>


【後半の内容】終盤に多くの見せ場をつくるも、0-0でPK戦へ

 両チーム無得点のまま後半へ。晴れ間がのぞき、気温と湿度が上昇してくる。前半で4枚でたイエローカードが象徴するように、両者のフィジカルコンタクトがさらに激しくなっていった。

 松村や長友が積極果敢に飛び込んでいき、後半は押し気味に進める。途中交代の内田(背番号20)もいい動きを見せていた。しかし、テゲバジャーロ宮崎のディフェンス陣も体を張って守る。なかなかお互いに活路が見出せないまま、終盤でJ.FC MIYAZAKIは選手交代で積極的に攻撃を仕掛ける。しかし、決定機をつくったものの、ゴールに至らずホイッスル。0-0でまたもやPK戦となった。
※九州サッカーリーグは完全決着方式を採用。


<ピッチは荒れ、体ごとぶつかる激しい展開に! お互いにプレーをたたえ合う徳重(背番号8)とテゲバジャーロ宮崎の選手>


ついに競り負ける・・・。8-9で無念のPK負け

 前回の宮崎ダービーに引き続きPK戦となった。両チーム、決め続けたJ.FC MIYAZAKIの9本目、田中(背番号4)の放ったシュートが無情にも枠を外す。キーパーである村上(背番号1)もシュートを止めることができず、8-9で終戦。観客からは多くのため息がもれた。前回の宮崎ダービー戦と同じく、再びPK負けに屈してしまったのだ。


選手・監督のコメント

長友選手のコメント
「相手も戦力を補強してきた中、うまく対処できた。決定機は多くつくれたが、あと一歩が足りなかった。決めきれなかったことが悔しい。課題が見えてきたので、次節にいかしたい。」

笛監督のコメント
「ピッチコンディションが悪かったので、前線に放り込み、ルーズボールをとる戦術に変えた。前回よりも良い戦いはできた。選手たちはなかなか一緒に集まって練習をする時間がないので苦労はするが、個人のコンディションとチームのコンビネーションを鍛えていく必要がある。」


試合総評

 試合前半はやや単調、ボールコントロールに苦戦していたものの、後半の終盤ではいくつものチャンスを生んでいた。相性の悪いPK戦に持ち込むことなく、決定機をモノにしてほしかった。しかし、プロを目指すと公言している以上、プロセスは評価されないのが世の常。勝つことがすべて。勝ち続けてこそ、サッカーに関心を示さない人もファンになりもっと巻き込んでいけるのだから。
 雨にも関わらず、多くの観客が駆けつけた宮崎ダービー。プレーに一喜一憂するサポーターの声援に励まされたと選手たちは語っていた。それだけに悔やまれる一戦となった。次節以降、奮起を期待したい。[了]

試合結果

J.FC MIYAZAKI 0【前半0-0、後半0-0、PK8-9】0テゲバジャーロ宮崎


この記事をおすすめする人

【試合詳細】無念!PK負け再び J.FC MIYAZAKI 宮崎ダービーを落とす 写真

番記者ジェイ

「J.FC MIYAZAKI」を担当するmiyazaki ebooksのサッカー担当記者。チームへの取材、撮影を通してリアリティを追求する記事を書く。

おすすめ

J.FC MIYAZAKI

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック