いつの間にか(?)、こんなに進化!ミヤザキサンドイッチ最前線②

【取り入れる】海外発・県外発のサンドイッチ

 よそのいいモノを上手にとリ込むのは、日本の得意ワザ。海外発・県外発のサンドイッチです。

フランスパンの甘みを、噛み締められる!

[たっぷりの野菜といただくイタリアサンド]

【取り入れる】海外発・県外発のサンドイッチ

 よそのいいモノを上手にとリ込むのは、日本の得意ワザ。海外発・県外発のサンドイッチです。

フランスパンの甘みを、噛み締められる!

【7】 カスクート クリチ&ハム&バジル(鮮度館ボンデリスベーカリー・宮崎市青島)

 フランスパンを気軽に食べて欲しい!!と、家庭でも真似をしやすい、ハムとクリームチーズを挟みました。具材を引き立てるのは、約20 時間も低温熟成させたフランスパン。ひと口目から、広がる甘み。そして、噛む度に感じる芳醇さ。バジルも効いてます。


たっぷりの野菜といただくイタリアサンド

【8】 海老とアボカドのピアーダ バジルチーズソース(GELATERIA FELICE・都城市中町)

 新鮮なサニーレタスや大ぶりのえび、アボカドなどを、もちっとした白い生地で包みました。生地はピザやナンというより、生パスタに近い感覚。その食感と、バジルソースが絡められた素材のうまみ、ほろ苦さをぜひお楽しみください!


生地も具材もすべて自家製!

【9】 ピアディーナ(ゼフィール・宮崎市新別府町前浜)

 とうもろこしでつくられた生地に、クリームチーズを塗り、生ハムとルッコラをサンド。生ハムの絶妙な塩加減、こんがり焼かれた生地が絡まり、まるでピザのよう!! 見た目以上にボリューミーな、もちもち食感です。


満腹感も得られるもちもちパニーニ

【10】 ハムandバジルパニーニ(CoCoo Cafe・宮崎市柳丸町)

 『CoCoo Cafe』のパニーニは、独自に考案し特注したもっちり食感の生地が特長。弾力のあるさっぱりとした生地に、濃厚なとろとろのチーズと、ハム・バジルの組み合わせは格別! そのほか女性に人気のキンピラゴボウ味もあるとか。


ホワイトソースとかぼちゃのホクホク感

【11】 カボチャとベーコンのクロックムッシュ(ミドリマツベーカリー・宮崎市赤江)

 ホクホクかぼちゃと、ベーコンの塩気の好バランス♪ 上にはよく焼けたたっぷりのチーズ。中はホワイトソース。なのに意外なくらいあっさりです。これは食パンがいいから。やわらかく、小麦の風味が伝わる素直な味です。


名古屋人も賞賛した粒あんサンド

【12】 ホットサンドセット(小倉)(未来珈琲・宮崎市広島)

 名古屋では定番の小倉サンド。宮崎ではあまり見かけませんが、初めての人こそぜひ『未来珈琲』で食べてみてください。パンのサクサク食感と、甘さ控えめのあんと、バターのほのかな塩気。名古屋人も絶賛した味!ハム&チーズやツナ、スパムバージョンもあり。


【サンドイッチコラム (1)】サンドイッチ国際用語(?)の基礎知識

■ カスクート
フランス発。主にバゲットを使ったサンドイッチ

■ピアーダ(ピアディーナ)
イタリア版ナンのような円形生地のサンド

■ パニーニ
イタリア発祥。日本では、パンに焼き目をつけたサンドイッチ

■ クロックムッシュ
ホワイトソースなどをかけ、パンをこんがり焼くフランス発サンド

■小倉サンド
あんこが入っとってどえりゃ~うまいサンドだがね!


気になるお店の情報は本誌、もしくは電子書籍で!

この記事をおすすめする人

いつの間にか(?)、こんなに進化!ミヤザキサンドイッチ最前線② 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

おすすめ

月刊パームス 3月号 No.292

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック