いまが旬!期間限定の「汁」|~ ミヤザキの「汁」!!①~

今月号は、敢えて「汁」の特集!! 毎日の食卓に欠かせないのに、何故か光の当たらない汁。 ですが、冷や汁以外にも、県内には魅力的な汁があるんです!! 寒さが厳しくなる2月、県内の「汁」でこころもからだもポッカポカにしませんか?

この冬限定!いましか食べられない「汁」をご紹介します。

金ふぐの身からダシまで堪能できるひと品

[西米良の猪肉を堪能できる一杯 ]

今月号は、敢えて「汁」の特集!! 毎日の食卓に欠かせないのに、何故か光の当たらない汁。 ですが、冷や汁以外にも、県内には魅力的な汁があるんです!! 寒さが厳しくなる2月、県内の「汁」でこころもからだもポッカポカにしませんか?

この冬限定!いましか食べられない「汁」をご紹介します。

金ふぐの身からダシまで堪能できるひと品

①金ふぐ汁 [四季の味うたげ]

都農獲れの金ふぐを、表面をあぶるように焼く「やっきり」というこの地域独自の手法で調理。 ホクホクの身ばかりか、コラーゲンが豊富に含まれる皮までおいしく食べられるようになりました!  ダシはふぐの骨などを使い、塩やしょうゆでさっぱりと味つけ。2~4月の限定メニュー。

【家庭での調理ポイント】
一度ふぐを湯通ししてひと煮立ちさせるといいかも


西米良の猪肉を堪能できる一杯 

②猪汁(猪汁定食のひと品) [平成の桃源郷おがわ作小屋村]

大根、ニンジン… … そして、猪肉! 約1 時間じっくり煮詰めて、丁寧にアクをとり仕上げた猪汁です。 味つけは肉のダシを活かし、しょうゆや塩でシンプルに。脂がのり、コリコリとした食感も楽しめる 西米良の猪肉はいかが? 12 ~3 月限定メニュー。猪肉がなくなりしだい終了。

【家庭での調理ポイント】
猪肉はとにかくアクをとって煮詰めることが大事!


自然薯を使った特製とろろ汁

③とろろ汁 [山菜長越]

児湯の山で採れた新鮮な自然薯を使用。栽培されたものとは比べ物にならない、粘り気。 そしてコク! その日使う芋によって色が変わり、味が変わるのも天然ならでは。 自家製そばダシも絡めた当メニューを、アツアツのごはんにかけてどうぞ! 11 ~3 月上旬の期間限定。 電話予約がオススメ。

【家庭での調理ポイント】
そばダシがなければ、めんつゆをダシに使ってもOK!


肉をかむたび、みそ味しみ出る♪

④豚汁 [備長炭本格炭火焼 ホルモン専門店日ノ出ホルモン]

「冬限定の豚汁」。ぬくもりのあるこの響きだけで、胃袋がうずうずしそうです。 豚肉に、里芋、玉ねぎ、ゴボウ、しめじ……etc。元はまかない料理だっただけに、汁の実もたっぷりです。 薬味のしょうがを入れれば、みそのうまみとあいまって、からだの芯からめくもりじんわり。

【家庭での調理ポイント】
みそを入れる前に煮込むこと。みそは濃いめに!


この記事をおすすめする人

いまが旬!期間限定の「汁」|~ ミヤザキの「汁」!!①~ 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

おすすめ

月刊パームス 2月号 No.291

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック