かどがわ魅力遺産発掘

キャンプや魚釣りが楽しめる。サバイバルアイランド今月号より連載を始める「かどがわ魅力遺産発掘」。
門川のあらゆる魅力を 「まちづくり研究会」 のメンバーが応募のあったものの中から選定・取材をし、町広報を通じて伝えていきます。

キャンプや魚釣りが楽しめる。サバイバルアイランド
門川の魅力認定第1号は、やっぱりこれでしょ!

[あなた自身が確かめて]

キャンプや魚釣りが楽しめる。サバイバルアイランド今月号より連載を始める「かどがわ魅力遺産発掘」。
門川のあらゆる魅力を 「まちづくり研究会」 のメンバーが応募のあったものの中から選定・取材をし、町広報を通じて伝えていきます。

キャンプや魚釣りが楽しめる。サバイバルアイランド
門川の魅力認定第1号は、やっぱりこれでしょ!

乙女が寝ているような姿からこの名がつけられたと言われる乙島。大小7つの海触洞穴があり語り継がれる伝説が数多くあります。
無人島というのが最大の特徴であり、夏にはキャンプができます。トイレ等が完備しており女性の方でも楽しめるのではないでしょうか。島には長い堤防があり、安全に魚釣りもでき、親子で行くのも絶好の場所です。
乙島に向かう手段としては渡船が一般的ですが、門川町ふるさと文化財団が実施しているシーカヤック体験 (7月・8月ごろ) で行くのも面白いかも…


あなた自身が確かめて

しっかりと味がしみこんだカツオが白ご飯と相性バツグン!門川人が大好きな海鮮系!どんぶりものの定番です!
心の杜では 「心の杜定食」 として愛されています。
是非みなさんもご賞味あれ!


西門川の隠れ名物

酢飯の上に、大葉・わさび・砂糖醤油みりんだしに煮付けた椎茸を乗せた珍しいお寿司。西門川の椎茸をより多くの人に食べてもらうために 「何かつくってみよう!」 と考え、10年前から作られるようになったそうです。
煮付けの椎茸とは違い、味がしっかりしていて、酢飯と大葉・わさびが絶妙にマッチしています。
取材は、西門川地区農産加工グループで行いました。
ご予約は、Aコープ門川前の八菜館で可能です。


門川の海・山・街が一望できる絶景スポット
遠見山展望台

遠見山の山頂にある展望台からは、360度の迫力ある風景を楽しむことができます。
また、春には桜やツツジなどの美しい花々が咲き乱れる様子を望むことができます。夜は、延岡から日向までの夜景を一望できデートスポットにも最適です。
是非みなさんもご自身の目に焼き付けてみてください!


親子で楽しめる心の杜公園と公園を着飾るイペーの木
心の杜公園とイペーの木

心の杜公園は遊具の数が町内で最多であり、子供たちには夢のような場所です。本町のマスコットキャラクターである 「かどっぴー・がわっぴー」 の遊具もあり飽きがこない楽しい公園です
また、この公園に隣接している 「ふれあい多目的広場」 では、イペーの木が植樹されており4月中旬が見ごろです。イペーの木は、ブラジル原産の木で年々大きくなって、きれいな黄色い花を咲かせます。
子供たちを公園で遊ばせている間にママ友達で散歩しながら見るのもいいかもしれません。
アクセス面では心の杜駐車場が平成26年度に整備され、よりいっそう利用しやすくなっています。親子共々、汗をかき温泉にゆっくり浸かって疲れを癒してはどうでしょうか。


心安らぐ潮騒と共に、門川町を象徴する庵川の壁画
庵川防波堤壁画

庵川にある防波堤に、門川町内の小学6年生の子供たちが思い思いの門川町を描いた全長約1300mの壁画です。
描いた壁画は、20歳になるころに、その年の小学6年生に新しく書き直されます。
潮風を感じながら、子供たちが描いた壁画を見る散歩は、元気を貰えます。


歴史を体感できる門川一の天井画
勝蓮寺

江戸時代末期に延岡藩の御用絵師としてしられていた岡部南圃が描いた写実的で色鮮やかな草花の天井画があります。歴史を感じることができる勝蓮寺は、西門川の上井野地区にあります。


こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック