どのような一年でしたか?(市長コラム ねこのひげ日記)

毎年この時期には、市の施設などで餅つきのイベントが行われています

どのような一年でしたか?

[]

毎年この時期には、市の施設などで餅つきのイベントが行われています

どのような一年でしたか?

もう師走、一年が過ぎるのも早いですね。今年を振り返ると、台風の襲来が多く、特に7月の台風8号は900ヘクトパスカルという超大型で特別警報も発令され、私は東京で要望活動中でしたが急きょ帰宮したほどでした。

 市ではこうした自然災害に備えるため、洪水・地震・津波対策を重視してハード・ソフト両面で事業を展開しています。市民の皆さんの意識も高まりつつあり、国も宮崎市を南海トラフ特措法に基づく特別強化地域に指定し、県内では初めての避難タワー設置に着手しました。安心して住みやすい宮崎市に向けて、引き続き40万人市民の「命を守る事業」に積極的に取り組みたいと思います。

 さて、年末の恒例行事といえば餅つきですね。私の実家では末広がりの縁起を担いで、餅つきは12月28日と決まっていて、この日は家族や親戚が集まり、にぎやかな一日でした。神棚、井戸、車に飾る三段重ねの鏡餅や雑煮用の小さな餅を作っていましたが、子どもの頃、私の役目はあん餅のあん入れで、コソッとあんをなめるのが楽しみの一つでしたね。

 今は、杵つきを見る機会が少なくなりましたが、隣近所や地域の恒例行事になれば、より一層、楽しく明るい新年が迎えられるのではないでしょうか。


市広報みやざき 2014年12月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

ネット被害から子どもを守ろう

もっと知りたい!『認定こども園』

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック