安全面に考慮し、すべてがバリアフリーとなっています

◎主要構造:木造 ◎建築面積:756.00㎡(園舎のみ)
◎延床面積:711.62㎡(園舎のみ)
◎工期:令和元年9月13日〜令和2年7月31日

[]

安全面に考慮し、すべてがバリアフリーとなっています

◎主要構造:木造 ◎建築面積:756.00㎡(園舎のみ)
◎延床面積:711.62㎡(園舎のみ)
◎工期:令和元年9月13日〜令和2年7月31日

さまざまな保育需要に応え、充実した保育環境を整えるために、平成31年度から建設していた新園舎の工事がこのたび完了し、8月1日より新園舎での保育がスタートしました。
新しくなった「ふたば園」は、認定こども園となり、これまでの保育に加え、0歳から小中学校へ繋ぐ教育や食育、運動機能向上などにも取り組みます。

新園舎は、竹原地区の高台(天包荘横)となりますので、地域の避難所としても活用されます。


明るく開放感のある各保育室。


雨の日でも室内で運動できる遊戯室。


子どもたちの給食を作る調理室。


子どもたちの身長に合わせたトイレ。


ふたば園
山下 多門 園長

■入園などのお問い合わせ/ふたば園 ☎0983-36-1073


西米良広報 カリコボーズ 2020年8月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

こちらもおすすめ

  • 「神楽男子」はカッコイイ!?

    神楽の衣装は基本が白装束で、舞によっては赤いタスキをつけたり、狩衣をまとったりします。この姿が「普段と違っていて、とてもカッコイイ」と評判なのですが、残念ながら令和2年の夜神楽は中止となりました。ですが、昼に神楽を舞う「日祭り」のために、村所神楽と小川神楽の皆さんが神楽の練習をしていると聞き、撮影に伺ってきました。※越野尾神楽は令和2年の練習は中止となっています。

    カリコボーズ 小川神楽 村所神楽 白装束 神楽 西米良村

人気記事

おすすめトピック