乾しいたけの含め煮入り卵焼き|~ みやちゃぶだより~

今回のみやちゃぶだよりは、7月7日の「乾しいたけの日」にちなんで、
「乾しいたけ」をご紹介します。

お弁当の定番の卵焼きを、乾しいたけでアレンジしたレシピをご紹介します。
乾しいたけの旨味がギュッと詰まった「乾しいたけの含め煮入り卵焼き」です。

[【材料(作りやすい分量)】]

今回のみやちゃぶだよりは、7月7日の「乾しいたけの日」にちなんで、
「乾しいたけ」をご紹介します。

お弁当の定番の卵焼きを、乾しいたけでアレンジしたレシピをご紹介します。
乾しいたけの旨味がギュッと詰まった「乾しいたけの含め煮入り卵焼き」です。

市広報みやざき7月号の旬食レシピのお弁当では、「ウナギの焼きおにぎり」「オクラとミョウガの香味だし浸し」「乾シイタケと鶏ひき肉の煮物」の3品をご紹介しています。

乾しいたけは、生しいたけを乾燥させた伝統食材です。
肉厚の冬菇(どんこ)とカサの薄い香信(こうしん)があります。

生しいたけより香りと旨みの成分が増し栄養価が高いのが特徴で、食物繊維やカリウムを豊富に含みます。 冷水で戻すことにより旨味成分のグアニル酸が増加するので、5℃くらいの冷水に浸して冷蔵庫で半日から1日かけて戻すと良いでしょう。 保存に便利で栄養価の高い乾しいたけ、積極的に食卓に取り入れたいですね。


【材料(作りやすい分量)】

・乾しいたけ…      3枚
・乾しいたけの戻し汁…  100ml 
☆砂糖…         小さじ1と1/2
☆醤油…         小さじ2
卵…           2個


【作り方】

①含め煮を作る。水で戻した乾しいたけは石づきを取り、半分に切って薄切りにする。


②鍋に戻し汁と1を入れ、中火にかけアクをすくいながら火を通す。


③調味料を砂糖、醤油の順に加え煮汁が少し残る程度まで煮含める。

*お弁当に入れるなら、ここまでを前日に作っておくと便利です。
卵焼きだけではなく、ご飯のお供等、アレンジ自在!


④ボウルに卵を溶きほぐし、3を半量程加えよく混ぜる。


⑤卵焼きを作る。含め煮を重ならないように散らすのがポイントです。


この記事をおすすめする人

乾しいたけの含め煮入り卵焼き|~ みやちゃぶだより~ 写真

みやちゃぶ

「みやちゃぶ」は“食”に興味旺盛な4人で運営しています。特産物や旬の食材を使ったお手軽レシピをお届けします。

注目!

市広報みやざき 2016年7月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック