保育の場が増えています

子どもたちが、健やかに成長できる社会を実現するために
平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」が始まりました。
新制度では、認定こども園の普及を図り、教育・保育の量(定員)を
増やすことで、子育てしやすい、働きやすい社会づくりを目指しています。

【1】認定こども園が増加中

[【2】少人数で保育します]

子どもたちが、健やかに成長できる社会を実現するために
平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」が始まりました。
新制度では、認定こども園の普及を図り、教育・保育の量(定員)を
増やすことで、子育てしやすい、働きやすい社会づくりを目指しています。

【1】認定こども園が増加中

認定こども園とは、幼稚園と保育所の機能や特長を併せ持ち、地域の子育て支援も行う施設です。幼稚園や保育所から認定こども園へ移行する施設が増えており、4月からは約40施設になります。

●保護者の働いている状況に関係なく、3~5歳の幼児であれば、利用できます。
●保護者が働かなくなったなど、就労状況が変わった場合も、通い慣れた園を継続して利用できます。
●子育て相談や親子の交流会といった子育て支援も行っており、園に通っていない子どもや保護者も利用できます。


【2】少人数で保育します

 0~2歳児を対象に少人数(定員6~19人)で家庭に近い雰囲気のもと、きめ細かな保育を行う小規模保育事業所があります。 現在、宮崎市では2事業所が開設しています。

ファンファン(新別府町)
■定員12人 ☎89-4584

風光るゆめの森(島之内)
■定員70人 ☎72-5505

ななほしキッズ(清武町加納甲)
■定員19人 ☎65-6501


【3】保育所が誕生します

平成28年1月4日に、住吉地区に新しい認可保育所が誕生します。自然豊かな環境で、木のぬくもりを感じられる施設です。

風光るゆめの森(島之内)
■定員70人 ☎72-5505


[問] 子ども課 ☎21-1774 FAX 27-0712

この記事をおすすめする人

保育の場が増えています 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

注目!

市広報みやざき 2016年1月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック