宮崎スタイル!(市長コラム ねこのひげ日記)

夏の風情

[]

夏の風情

 連日暑い日が続いていますね。日本の夏は高温多湿ですが、宮崎の夏も「暑(あち)ぃねぇ」のひとことに尽きます。

 屋外はもちろん、室内でも熱中症が多く発生する時期です。扇風機やエアコンを上手に利用し、適切な水分補給や十分な睡眠の確保など、体調管理に気をつけ夏を乗り切りましょう。


 この厳しい暑さを和らげるため、先人たちのさまざまな知恵と工夫があります。

例えば、打ち水やよしず、風鈴、寝ござなど。現在はあまり見かけなくなったものもあります。これらは、猛暑を乗り切るため、かつ、「涼」を感じとる風情あふれる夏の知恵ですよね。

加えて、この暑さを“楽しみ”に変えてみてはいかかでしょうか。海水浴や夏祭り、ビアガーデン、かき氷などは日本らしい夏の楽しみです。

市では、みやざき納涼花火大会、まつり宮崎やみやざき青島国際ビールまつりなど盛り沢山のイベントが開催されます。大いに盛夏を楽しんでください。


 また、先祖供養の盆踊りは今でも各地区で伝承されているところです。

特に、今年は戦後70年の節目を迎えます。お盆には先祖の霊を供養するとともに戦没者を慰霊し、あらためて恒久平和を祈念したいと思います。


注目!

市広報みやざき 2015年8月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

宮崎スタイル!(市長コラム ねこのひげ日記)

[]

夏の風情

 連日暑い日が続いていますね。日本の夏は高温多湿ですが、宮崎の夏も「暑(あち)ぃねぇ」のひとことに尽きます。

 屋外はもちろん、室内でも熱中症が多く発生する時期です。扇風機やエアコンを上手に利用し、適切な水分補給や十分な睡眠の確保など、体調管理に気をつけ夏を乗り切りましょう。


 この厳しい暑さを和らげるため、先人たちのさまざまな知恵と工夫があります。

例えば、打ち水やよしず、風鈴、寝ござなど。現在はあまり見かけなくなったものもあります。これらは、猛暑を乗り切るため、かつ、「涼」を感じとる風情あふれる夏の知恵ですよね。

加えて、この暑さを“楽しみ”に変えてみてはいかかでしょうか。海水浴や夏祭り、ビアガーデン、かき氷などは日本らしい夏の楽しみです。

市では、みやざき納涼花火大会、まつり宮崎やみやざき青島国際ビールまつりなど盛り沢山のイベントが開催されます。大いに盛夏を楽しんでください。


 また、先祖供養の盆踊りは今でも各地区で伝承されているところです。

特に、今年は戦後70年の節目を迎えます。お盆には先祖の霊を供養するとともに戦没者を慰霊し、あらためて恒久平和を祈念したいと思います。


梅雨明けが待ち遠しいですね。この時期は、気温や湿度の変化などにより体調を崩しやすいので、リフレッシュしながら乗り切りましょう。

 梅雨明けとなればいよいよ夏到来ですが、夏といえば「海」ですよね。「この時を待っていました!」と言わんばかりに、随所で海開きが行われます。


 また、海の楽しみ方といえば、サーフィンなどのマリンスポーツ。私も若いころは(当然青春時代はありました!)、暇をみつけてはサーフボードを車に積み、青島や日南市の富土海水浴場へよく行ったものでした。絶好の波を見つけ、タイミングよく波に乗る醍醐味は今でも忘れられません。


 夏の楽しみ方も人それぞれですが、今夏、新たな提案として青島海水浴場に「ビーチハウス」が登場します。地元の食材を使った飲食物の提供や各種イベントもあり、海水浴以外の楽しみ方が加わります。

 家族や友人とゆっくりした時間を過ごすのもよし。恋人同士、縁結びの神様として知られる青島神社に足を延ばしてみるのもよし。きっと青島エリアの魅力を再発見できると思います。

 皆さんも思い思いのスタイルで、これから訪れる宮崎の夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。


この記事をおすすめする人

宮崎スタイル!(市長コラム ねこのひげ日記) 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

注目!

市広報みやざき 2015年7月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック