日本一鶏肉を食べる宮崎市民!押さえておきたい宮崎地鶏料理とは!?

・日本一鶏肉を食べる宮崎市民
・鶏肉〈温故知新〉文化
・宮崎の鶏料理紹介
 - 鶏刺し
 - チキン南蛮
 - 鶏の炭火焼

日本一鶏肉を食べる宮崎市民

[鶏肉〈温故知新〉文化]

・日本一鶏肉を食べる宮崎市民
・鶏肉〈温故知新〉文化
・宮崎の鶏料理紹介
 - 鶏刺し
 - チキン南蛮
 - 鶏の炭火焼

日本一鶏肉を食べる宮崎市民

 総務省統計局がまとめた都道府県庁所在地・政令指定都市の品目別家計調査ランキングで、鶏肉の購入量ナンバー1都市は、なんと宮崎市!

 つまり、宮崎市民は日本一鶏肉を食べているのです。確かに、チキン南蛮などの鶏料理が食卓に上がることが多く、また、お弁当のおかずとしても広く市民に親しまれています。

 もちろん、街中には鶏料理を扱った店も多く、チキン南蛮の店に行列が出来ているのも見かけます。よく注文され るものといえば、「鶏の炭火焼」に、「鶏のたたき」、「鶏刺し」…挙げだしたらきりがないほど、個性豊かな鶏料理が宮崎には揃っています。


鶏肉〈温故知新〉文化

 宮崎ブランド『みやざき地頭鶏』の炭火焼やチキン南蛮など宮崎の定番鶏料理のほかにも、未来永劫伝えていき たい『郷土料理』が農村部を中心に数多く残っています。

宮崎では古くから、正月や祝い事の際に鶏肉が振舞われることが多く、鶏肉を食べる風習がありました。また、養鶏 も盛んなことも鶏肉消費の多さに繋がっています。

 さらには、本県出身の川越達也シェフ監修のもと、新ご当地グルメとして『鶏のゆずこしょう焼きそば』が誕生しました。

 こうした歴史と伝統、そして鶏を愛し続ける心が宮崎の食文化を支えているのです。

 宮崎を訪れたならば、宮崎の食文化に深く浸透している鶏料理に舌鼓を打ってはいかがでしょうか。


宮崎の鶏料理紹介

 宮崎の鶏料理は個性豊かで種類も豊富。その中でも宮崎県民に最も好まれ、家庭でも外食でも食べられる定番料理を3つご紹介します。



鶏刺し

新鮮な鶏を扱えるところでしか食べられない鶏の生食。鮮度や調理法など管理が難しいものの、宮崎では比較的多くの店で食べることができる。甘めのしょう油にお好みで生姜やニンニク、わさびなどを加えていただく。


チキン南蛮

鶏のむね肉やもも肉を使った誰もが知っている定番料理。甘酸っぱい南蛮ダレに漬け込んで、タルタルソースをかけて食べるのが特徴的。子どもから大人まで人気のメニューである。


鶏の炭火焼

鶏を使った最も代表的な料理。通常切り分けられた鶏を食べるが、骨付きのまま豪快にかぶりついて食べるところ も。もも肉を使用することが多いため“鶏のもも焼き”とも呼ばれている。


「鶏のゆずこしょう焼きそば」

宮崎 新ご当地グルメ! 2012年夏に開催された「ガチ旨グルメバトル」で宮崎の幅広い農林水産物を使った料理が出揃った中、グランプリ作品が決定しました。

川越達也シェフが改良を加えてメニュー化。鶏肉やピーマン、たまねぎと同シェフが開発したゆずこしょう風味のタレ「ゆずこ」を使用すると、さっぱりとした美味しい焼きそばが出来上がります。


この記事をおすすめする人

日本一鶏肉を食べる宮崎市民!押さえておきたい宮崎地鶏料理とは!? 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

おすすめ

宮崎肉本

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック