氷点下の九州を見渡す ”恋バナ乙女”の尾根歩き【石堂山】

だまし絵のように折り重なる、 山々を踏みしめる尾根歩き

傾斜の強い登山道

木々の切れ間から時折見える、白くきらめく樹氷。

斬りつける刃(やいば)のような石が重なる岩肌

終わりなく感じる、落ち葉の道

森を抜けて現れた澄んだ冬の空を抱えるパノラマの景色

形を変え、姿を変え、人生の苦楽を思わせる“石堂山”

[]

だまし絵のように折り重なる、 山々を踏みしめる尾根歩き

傾斜の強い登山道

木々の切れ間から時折見える、白くきらめく樹氷。

斬りつける刃(やいば)のような石が重なる岩肌

終わりなく感じる、落ち葉の道

森を抜けて現れた澄んだ冬の空を抱えるパノラマの景色

形を変え、姿を変え、人生の苦楽を思わせる“石堂山”

 石堂山は登山口から踏み出した1歩目から思わず苦笑いしてしまうほど、登山道に傾斜がついていた。

 大丈夫かあたし。なんでこんなにキツイ思いをして山に行くんだろう。

 「山って楽しいと?きつそうなだけやわ~」

って女友達から小馬鹿にされたのを思い出して、私は何で山に行きたくなるんだろうと、早くも重たい足から気をそらすように考えていた。


 山に入ってしばらく、その山に歩き慣れてきたころに、ついつい一緒に歩いている後輩の女の子に先輩風を吹かせて話してしまうことがある。

 三十路を過ぎた女の「仕事との付き合い方」「恋愛について」、そして調子に乗って「彼氏自慢」…。

 私が20代だったら、すごく面倒に感じること間違いない。それでも、そんなことを話したくなってしまうのが、登山道というものではないのか。とか、言ってみる。


「30歳が近付いたり、を過ぎると恋愛がしにくくなるから、20歳後半の今が、恋愛に置いても大切な時よ!! 仕事でもがくことももちろん大事だけれど、恋愛をすることを忘れてはいけない!30歳を過ぎたら恋愛の選択肢は少し減ってしまうから」とか、なんとか、かんとか。

 「20歳後半で仕事だけじゃなくって、恋愛する心の余裕を作るべし!」とか、なんだのそんなこと。

 そんな、会社内のデスクに座ったパーティション越しでは赤面してしまうし、周りをきょきょろ見渡して口をつぐんでしまうような話を山ではしたくなってしまうんです。


木から落ちた樹氷の欠片を手に取り、青空に放つ。
三十路を過ぎても山の中では少女に戻るのだ。


 あれはいつだったっけ、社会人になってすぐのこと。宮崎を出て県外で働いていた私は、恋に破れて疲れ果て、休暇を取って宮崎に帰省していた。

 両親と登山を楽しむことになっていた私。

 8月だったから、霧島連山でなどはなく、川南町を挟むの尾鈴山の多岐を目指すトレッキングコースを選んで山歩きすることに。
 遊歩道のあちらこちらで、大きな岩にピッタリとくっついた水分を含んだ苔をなでていると、自然の中にいることに喜びをを感じた。

 ジリジリと痛い宮崎の夏の日差しを忘れてしまうような、ひんやりとした空気を抱える木々。


 その登山道は、思い切り深呼吸したくなるような清々しい空気で満ちあふれていた。そんな空気を吸いながら、呼吸とともに心の中のモヤモヤを一緒にフーーーっと吐き出していく。自分の心と向かい合っては、またフーッと吐き出して、モヤモヤと淀んだわだかまりを新しい空気と入れ替えるように。そして、ぽつりぽつりと、一緒に歩いていた母に話し始めていた。こんなことがあった。そのとき、こんな風に思った…って。

 「ふーん。大変やったね」って、母は振り返りもせず軽い返事を送り返してくる。でも、その軽い感じが、私の心を癒やしていく。破れた恋も、ちっぽけでくだらないことに思えてくるのは、なんとなく心地がいい。


 山道を歩いていると、ついつい心の中のことを話してしまいたくなるし、山に入っていると自分の心の深いところと向き合ってしまう。
 だからこそ、何か日常で嫌なことがあったときは、無性に山に行きたくなるし、何もないときに山に入ったら自分の心のうちを一緒に歩いてる誰かにぶちまけたくなってしまう。

 それも山の楽しみの一つ。って、後輩女子にも思って欲しい。そんなことを考えながらも、自分の足と体は、山頂へと近付く険しい道を進んでいく。
 厚手の手袋をはめた手で鎖をグッと握り、自分の体を引き上げたりもする。


 何度も何度もだまし絵のように現れる石堂山の「ニセ山頂」に心が折れそうになって、足を止めて腰に両手を置き、これでもかと現れる次の山場を睨み付ける。

 「これがゴールだと思うなよ」と頭の上から声が聞こえる。


これでもか!と、いくつも超えた“ニセ山頂”。
下山するころには勝者の誇りを手に入れ、山頂に向かって満面の笑み!


 大丈夫。30歳を過ぎた私は知っているのだ。どんなに辛い山場も、超えてしまえば笑い話のネタにできることを。【了】

【石堂山登山コース】
登山口は6合目付近。平坦な林道から急な坂道がある。鎖場やロープ付きの直登部が多く、登山道が狭いところも。初心者は登山経験の豊富な人を必ず連れて行くこと。
【所要時間5時間 登り3時間 下り2時間】


この記事をおすすめする人

氷点下の九州を見渡す ”恋バナ乙女”の尾根歩き【石堂山】 写真

やっほーさん

休日はミラーレス一眼を片手に、よくえびの高原に出かける。好きなブランドは「パタゴニア」。最近は、韓国岳・登山口付近の草原が気になるスポットです。

おすすめ

みやざきの登山誌 『yo-ho』2013夏 特別号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック