現場さながらの訓練で実践力アップ!! 潜入!!消防署・ 消防団の合同訓練

木城町の川原自然公園で、高鍋・新富・木城・川南・都農の5町を管轄する
宮崎県東児湯消防組合と木城町消防団による合同訓練が実施されました。

この訓練は、消防団と消防署が合同で訓練を実施することで実際の現場に近い環境を作り出し、火災発生時の行動について団員が共通認識を持つ目的で行われたものです。

[]

木城町の川原自然公園で、高鍋・新富・木城・川南・都農の5町を管轄する
宮崎県東児湯消防組合と木城町消防団による合同訓練が実施されました。

この訓練は、消防団と消防署が合同で訓練を実施することで実際の現場に近い環境を作り出し、火災発生時の行動について団員が共通認識を持つ目的で行われたものです。

訓練には木城町消防団(本部、1~11部)のみなさんが参加。

矢野哲也団長は、「木城では建物火災がほとんどなく、今の団員は現場を経験したことがほとんどありません。実際の現場での動きを想定した今回の訓練は大変意義があるものです」と話します。


合同訓練で見えたさまざまな課題を受け止めて、災害に備えたいとも話す矢野団長。

訓練に参加した団員の皆さんの意識も高まったようです。


消防団との連携がとても大切です。

私たち消防職員は人数に限りがあるので、建物火災においても災害時においても消防団のみなさんの力が必要です。

これまでも消防団の訓練には参加してきましたが、消防隊員が消防団員に指導するという形式のものばかりでした。

今回のような合同訓練は初めての試みです。
今後もこのような訓練を重ねて、消防団との連携を深めていきたいですね。


注目!

宮崎県消防団だより「DAN!!」vol.10

アイコン:ブックを見るブックを見る

こちらもおすすめ

  • 宮崎市消防団 水上バイク隊

    平成19年6月、他県に先駆けて発足し、今年結成10周年を迎えた「宮崎市消防団水上バイク隊」。初動の早さと機動力を武器に、水難事故や浸水被害が発生した際の救助活動や行方不明者捜索などを行う市民の強い味方です。全国からも注目を集める水上バイク隊の活動について、尾崎正孝隊長に話を伺いました。

    DAN!! 宮崎県消防団だより 水上バイク隊 消防団

  • 宮崎大学学生消防隊始動

    宮崎大学の5つ目の学部として平成28年に新設された地域資源創成学部。地域づくりのリーダーを育てるこの学部で、「地域 の防災を担いたい!」という学生有志が集まり、サークル『宮崎大学学生消防隊』が発足しました。ここではメンバーが宮崎 南消防署の協力を得て行った体験訓練の様子をリポートします。

    DAN!! 宮崎大学 宮崎県消防団だより 消防団

人気記事

おすすめトピック