虫歯の予防は乳歯から

歯は一生使う大切なものです。

[虫歯の原因]

歯は一生使う大切なものです。

一度虫歯になった歯は、元通りの健康な歯には戻りません。乳歯は生え変わるからと安心せず虫歯の原因を知り、しっかり予防しましょう。


虫歯の原因

口の中の虫歯菌が、食べ物に含まれる糖質を餌に歯垢を作ります。

歯垢の中で虫歯菌が糖質を分解して酸を作り、歯のカルシウムやリンが溶け出します。

歯磨きせずに放っておくと虫歯!!


親子でお口のケアを♪

●虫歯菌は家族からもうつる!
歯が生えそろう1歳7か月~2歳7か月ごろが虫歯菌がうつりやすい時期です。周囲の大人が口を清潔に保てば、子どもにうつる危険性も減ります。

●歯磨きの仕上げを!
小学校低学年までは1日1回、寝る前に保護者による仕上げ磨きをしましょう。仕上げ磨きを嫌がる場合は、遊びや歌を取り入れながら楽しく歯磨きしましょう。



虫歯予防のポイント!

ポイント1 歯磨き
歯磨きで歯垢を取り除きましょう。乳歯が生える前は、湿らせたガーゼで口の中を拭いてきれいにしましょう。


ポイント2 フッ化物の応用
フッ化物の塗布は、乳歯が生えていればできます。早い時期からフッ化物塗布で強い歯をつくりましょう。


ポイント3 おやつの適正摂取
甘みの少ないものを選び、食べる時間や量を決めましょう。野菜や果物の甘みを生かした食材を取り入れましょう。



「歯っぴ~噛む噛む新聞」を毎月発行しています

歯科衛生士が作成する子どもの「歯とお口」の悩みをサポートする情報紙です。保育園や子育て支援センターなどで配布するほか、市ホームページでも閲覧できます。



[問]健康支援課 ☎29-5286、FAX 0985-29-5208

この記事をおすすめする人

虫歯の予防は乳歯から 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

注目!

市広報みやざき 2017年1月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック