血圧を正常に保ってくれる『エリタデニン』。この“とってもレア”な成分を含むという「ある食材」とは?

「協会けんぽ みやざき」が毎月掲載している高血圧対策によい減塩レシピ。
今月ご紹介するのは「乾しいたけの肉団子スープ」です。

低カロリー食材といえば、キャベツ?豆腐?オススメなのはズバリ「しいたけ」!

[しいたけ特有の成分『エリタデニン』]

「協会けんぽ みやざき」が毎月掲載している高血圧対策によい減塩レシピ。
今月ご紹介するのは「乾しいたけの肉団子スープ」です。

低カロリー食材といえば、キャベツ?豆腐?オススメなのはズバリ「しいたけ」!

一般的に低カロリー食材として知られているものには、様々なものがありますが、今回ご紹介したいのは「しいたけ」です。

100gあたりのカロリーは、木綿豆腐59kcal、キャベツ23kcalに対し、しいたけはたったの18kcal。

肉厚で食べ応えがあり、良質な出汁がでるので、料理に使用すると味に深みがでます。もちろん食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなります。

しかし!しいたけの魅力はそれだけではありません。


しいたけ特有の成分『エリタデニン』

みなさんは、『エリタデニン』ってご存じですか?

多くの人にとっては、耳慣れない単語かもしれません。

それもそのはず、このエリタデニン、地球上でしいたけ以外からはほぼ見つかっていない、非常にレアな成分なのです。
この成分は血圧を正常に保ち、血中のコレステロール値を下げてくれる働きをする上、血液を固まりにくくする作用もあります。継続的に摂取すれば、高血圧や動脈硬化予防に強い効果を発揮してくれるはずです。


「乾しいたけの肉団子スープ」 ぜひお試しあれ!

「乾しいたけの肉団子スープ」は、肉と豆腐を混ぜてつくるので、よりカロリーが抑えられています。なんと一食あたり100kcal以下!

ダイエット中のあなたも、健康を気遣うあなたも、ぜひ今夜のメニューに加えてみてください。


こちらもおすすめ

  • 脂質異常症は、放っておくと命に関わる重篤な病を引き起こします!

    コレステロールや中性脂肪など、血液中の脂質値に異常をきたした状態を「脂質異常症」といいます。脂質異常症には、自覚症状がないため軽く見られがちですが、治療せず放っておくと動脈硬化が進行し、やがて命に関わる重篤な病を引き起こす恐ろしい病気です。 肥満の人に限らず、やせ型の人でも発症のリスクはあり、特に女性の場合は閉経後にそのリスクは高まります。医療機関などで「血中のコレステロール値が高い」と指摘されたことのある人は男女ともに増加傾向にあり、決して他人事ではありません。

    協会けんぽ みやざき 脂質異常症

人気記事

おすすめトピック