諸塚のしいたけを知っていますか

[]

室町時代の記録によると、九州山脈・宮崎県の大自然の渓谷に囲まれた地で、日本のしいたけ栽培が始まったと言われています。当時、茸(ナバ)師と呼ばれるしいたけ作りの名人は、栽培する原木であるクヌギ選びからこだわり続けたと言われています。
先達のその思いを受け継ぎ、20年の歳月を要するクヌギ作り、それを最適の時期に倒し種菌を植え込み、霧深い森に寝かせ(伏せ込み)、発生した椎茸を採取し、乾燥させてやっと美味しい乾し椎茸が出来るのです。そして、出荷まで1個1個丁寧に選別しています。
この椎茸を「霧六峰」という名で、皆さまに満足して頂ける椎茸としてお届けしたいと思っています。
諸塚村の森は、FSC森林認証の森として環境や人にやさしいことが世界的に認められています。美味しく、安心・安全の食品を求める皆さまへの信頼の証しとして、諸塚村で生まれたしいたけは、世界で初めてFSCのCoC認証(流通の認証)を取得しています。

☆健康を維持し、病気を予防するしいたけの効用☆
①骨のカルシウム代謝を促進
豊富に含まれるエルゴステロールは、日に当てると骨の形成に欠かせないビタミンDに変化しますので、骨粗しょう症の予防に繋がります。
②コレステロールの低下、動脈硬化の予防
エリタデニンという成分が、コレステロールを分解する能力を持っており、高血圧、動脈硬化、高コレステロール症等の予防に優れた働きをします。
③免疫細胞の活性化
レンチナンは、ウィルスを抑え、風邪やインフルエンザなどのウィルス性疾患の予防効果が期待されます。
④低カロリーの美容食
食物繊維が多く、たんぱく質やビタミンB群、ミネラルなどを補給することができ、女性に嬉しい食品です。


こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック