2020年のパラリンピックで目指すは金メダル! 前田一成さん – Catch your Dream!

 「夢をつかめ!Catch your Dream!」。

 高校3年生(取材当時は高校2年生)。宮崎農業高校水泳部のほかに、チーム「宮崎シーガイア」にも所属。全国障がい者スポーツ大会で県代表として過去2回の出場経験あり。

[]

 「夢をつかめ!Catch your Dream!」。

 高校3年生(取材当時は高校2年生)。宮崎農業高校水泳部のほかに、チーム「宮崎シーガイア」にも所属。全国障がい者スポーツ大会で県代表として過去2回の出場経験あり。


前田さんが水泳と出会ったのは、小学5年生のとき。友達にスイミングスクールの夏期講習に誘われたことがきっかけでした。「初めて25メートルを泳ぎきったときに達成感を感じて、泳ぐことが楽しくなりました」


 生まれつき足に障がいのある前田さんですが、水中では障がいをみじんも感じさせないほど、泳ぎもターンもとても軽やか。「手だけを使って泳ぐなど、上半身を中心に練習しています。水の中以外では、筋力トレーニングもしています」と前田さん。どうすれば速く泳げるかを常に意識して、より質の高い練習になるよう心掛けているそうです。


 昨年11月に開催された日本身体障がい者選手権に出場し、50メートル自由形で日本新記録となる29秒77で見事、優勝を果たしました。前田さんの憧れはリオデジャネイロ五輪代表に内定している瀬戸大也選手。「いくら練習をしても結果が出ずに苦しいときがありますが、挫折を乗り越えて好成績を収め続けている瀬戸選手のように、強い選手になりたいです」と話します。

 「今一番の目標は2020年の東京パラリンピックに出場することです。大会までの間にさまざまな大会で経験を積んで、何としても金メダルを取りたいです」と、決意を語る前田さん。今日もプールで練習に励みます。


この記事をおすすめする人

2020年のパラリンピックで目指すは金メダル! 前田一成さん – Catch your Dream! 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

注目!

市広報みやざき 2016年5月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック