Nobeoka Biosphere Reserve

[]

祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク
宮崎県と大分県にまたがる祖母・傾・大崩山系は、急峻な岩峰や数々の渓谷など独特の景観美と原生的な自然を併せ持ち、希少動植物の宝庫としても知られています。
祖母・傾・大崩山系周辺の人々は、昔からこの豊かな自然を敬い、自然の恵みを大切に守りながら暮らしてきました。これからも、自然と人とが共生しながら一層地域が発展していくため、祖母・傾・大崩山系周辺地域の自治体(宮崎県、延岡市、高千穂町、日之影町、大分県、佐伯市、竹田市、豊後大野市)が連携し、「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」の登録を目指す取組を進めてきました。そして、2017年6月、ユネスコMAB計画国際調整理事会において登録が決定され、世界的にその価値が認められました。

Nobeoka Biosphere Reserve

アイコン:ブックを見るブックを見る

人気記事

おすすめトピック