「農業」に関連する記事

就農NOW 今どきの就農事情

ここ数年、就農する人が急増しています。昨年、宮崎市内で就農した人の数は101人。なかでも30代や40代の若い世代が、新たな職業として農業を選択しています。今回は、若手農家に集まってもらい、就農までの道のりや現状について、本音に迫りました。

おすすめ パンフレット

燦々と降り注ぐ太陽が生んだ、パワービタミン vol.1

日射量がトップクラスのため、元気の良い農産物ができる宮崎県。宮崎の土地が育む農産物の魅力をお伝えする。

10年越しの思いを実現 野菜と音楽でつながるにぎやかな暮らし|高鍋でよい暮らし

地元大阪でギター教室を経営しながら、各地で演奏活動を行っていた天満俊秀さんは、 奥さんである智恵子さんと共に2014年7月に高鍋町に移住。 町内にある宮崎県立農業大学校の「みやざき農業実践塾」を卒業し、 2015年7月から農業を営んでいます。

おすすめ パンフレット

西都特産ブランド ~豊かな自然と温暖な気候の恵~

豊かな土壌に恵まれた西都市の農作物は全国でも評価が高い。また農作物に限らず、西都市では黒毛和牛や地頭鶏などの育成にも力を入れている。

おすすめ 広報誌

異国の地で57年。現地農業への尽力と故郷への思い

57年前に農業派遣でコロンビアに移住した新地学さん。経歴を辿りながら、移住当時の心境とふるさとへの思いを語る。

注目! パンフレット

西都ってどんなところ!?

西都は神話の街として知られていますが、農作物やきれいな花など環境にも恵まれています。また、暖かくて住みやすいのも魅力的。

綾町 学び遊ぶ「綾・農業寺小屋」のあゆみ

昨年、4月26日に開校した「綾・農業寺小屋」。町内の小中学生が地元の農業者のみなさんの協力のもと本格的な農業体験や綾のまちづくりを学びます。

綾の有機野菜を全国に!

30年前、近所から分けてもらった有機野菜のおいしさに驚いたことが、無農薬・無化学肥料の有機野菜作りのきっかけでした。

お米学習「田植え体験」

6月7日、小学5年生の「お米学習」として毎年恒例「田植え体験」が農協青年部の協力で行われ53人の児童が参加、秋には稲刈りと米の試食会を予定。

稲作体験教室「お米学習」

JA綾町・青年部が、綾小学校5年生の通年カリキュラムで行う稲作体験教室「お米学習」。実際の農業体験を通して児童たちも楽しみながら学んでいます