「miyazaki-feature01-01」に関連する記事

今年も3球団がやってくる!GO!キャンプ!GO!(ジャイアンツ編)

一つの市で3球団のプロ野球キャンプが行われるのは宮崎市だけ!Jリーグからもたくさんのチームがやってきて、さらに今年はWBCを控えた野球日本代表「侍ジャパン」までもが宮崎に!!野球とサッカーのスター選手が集結するぜいたくな1か月を堪能しよう!

  • ブックカテゴリ記事
  • 発行日
  • エリアnull

マチナカの挑戦 日本で一番「挑戦できるまち」へ!

市では、中心市街地(マチナカ)で3,000人の雇用創出を目指す“マチナカ3000”プロジェクトに取り組んでいます。ここでは、マチナカで挑戦する皆さんをご紹介します。

就農NOW 今どきの就農事情

ここ数年、就農する人が急増しています。昨年、宮崎市内で就農した人の数は101人。なかでも30代や40代の若い世代が、新たな職業として農業を選択しています。今回は、若手農家に集まってもらい、就農までの道のりや現状について、本音に迫りました。

求ム!センパイPOWER①

「共働きで仕事の帰りも遅い」「近くに頼れる祖父母がいない」…そんな子育て世代の助っ人として、人生のセンパイである高齢者の皆さんの活躍が待ち望まれています。将来を担う子どもたちのために、POWER(力)を発揮してみませんか?

ウォーキング ハジメの一歩!

誰でも手軽に、簡単に始められるのがウォーキングの魅力。適した準備や長く続けるコツを身に付けて、市内のさまざまなコースで、健康的な暮らしを送るためのハジメの一歩を踏み出してみませんか?

SUGOI!!こんなにあったんだ!スゴい製品(前半)

海外で使用されていたり、国内外から注目を集めたりしている優れた製品が、実は宮崎市でも生まれていることをご存じですか?ここでは5つの企業の製品と、そこで働く皆さんを紹介します。

マイナス5万人の衝撃!!今から24年後にこんな未来が来るとしたら皆さんはどう思いますか?

2040年を前に、地域経済や市民生活への大きな影響が懸念されています。宮崎市の人口が今より約5万人減少するとされている2040年。 人口減少に加え、少子高齢化の進展により、働き盛りが少なくなる一方、高齢者の割合がさらに大きくなります。 24年後に迫る厳しい現実と向き合い、将来にわたって地域の活力を維持するにはどうすべきか、考えてみませんか。

「食生活カイゼン! ミーティング」Part.1おとな編|野菜を食べよう! 

食育というと子どものことだと考えがちですが、家庭での食事を充実したものにするのは大人の役目。どうすれば偏りがちな食生活を見直せるでしょうか。

キミにワザあり!- 技能五輪全国大会入賞者スペシャルインタビュー

皆さんは、技能五輪をご存じですか? 宮崎市には、23歳以下の人が技能を競う技能五輪で、優秀な成績をあげている若者がいます。その裏側には、鍛錬を続ける若者の強い意思と、それを支える先輩の温かいまなざしがありました。

こんなジモトだったらいいな 市長×高校生 地方創生トーク!!

将来を担う高校生が考える、理想の地元とはどんなものなのでしょうか。平成28年度に実施予定の事業を交えながら、地方創生をテーマに、高校生と市長が意見を交わしました。