トップレーサーを目指して

夢の鈴鹿8時間耐久レース出場

[オートバイレースとの出会い]

夢の鈴鹿8時間耐久レース出場

「鈴鹿8時間耐久ロードレースは、夢の舞台でした。完走できてうれしかったです」と話すのは、鈴鹿8時間耐久ロードレース第37回大会(鈴鹿8耐)にオートバイレーサーとして出場した、中迫申更さん(駅前)です。

鈴鹿8耐は、三重県の鈴鹿サーキットで毎年7月に開催される、オートバイの耐久レースです。1台のオートバイを使い、8時間の走行距離をチームで競います。中迫さんは、三重県の浜口レーシングチームに所属し、大会に出場しました。出場するきっかけとなったのは、インターネット上でのオートバイレーサー募集の記事でした。

「オートバイレーサーとして起用してもらい、鈴鹿8耐への出場という夢が叶いました」今年の大会は、悪天候で多くの参加チームが転倒事故などのトラブルに見舞われました。「私も転倒しましたが、トラブルをチーム全員で乗り越え、完走することができました」

大会を終え、中迫さんは、「転倒後の走行では、チームの中でベストタイムを出せました。転倒がなければ、もっと上位に行けたと思います」と大会を振り返ります。


オートバイレースとの出会い

昨年1月にえびの市に移住してきた中迫さん。出身は、鹿児島県曽於市です。高校卒業後、大阪にある自動車整備関係の専門学校に進学します。そこで中迫さんは、オートバイレースと初めて出会います。「学校の近くにミニバイクのコースがありました。そこで、初めてレースを体験しました。レースの楽しさと難しさを肌で感じました。もっと大きいレースに出てみたいという思いが芽生え、オートバイレーサーになることを決意しました」

専門学校卒業後、自動車整備士として働きながら、いろいろなレースに出場してきました。「職場では、レースにかける時間が多かったため、レースを辞めるか、仕事を辞めるかの選択を迫られました。夢を諦めきれず、私は、レースを続けることを決断しました」

オートバイレースに出場しては、働く日々。そんな中、上江にある自動車整備会社の社員募集を目にし、就職しました。「社長もバイク好きで、『仕事は気にするな。行ってこい』と後押しをしてくれました。鈴鹿8耐に出場できたのも社長のおかげです」


新たな夢に向かって

「最初は、鈴鹿8耐に出場するのが夢でした。出場してみたら、もっと鈴鹿8耐で上位を目指したくなりました。今度は、母校の専門学校でつくるチームのオートバイレーサーとして鈴鹿8耐に出場したいです」

母校でのオートバイレーサーとしての出場は、狭き門です。「夢を叶えるためにも、たくさんのレースで結果を残し、経験と実績を積み上げていきたいです。次は、アジア・ロード レース選手権に出場します。上位入賞を目指して頑張ります」


こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック