企業誘致で活力あるまちづくり – みやざき時間旅行

昭和24年から続く市広報みやざきが電子書籍で閲覧できる「宮崎市アーカイブス」。
ここでは、時代を感じさせる過去の面白い記事を発掘します!

 今回発掘するのは、平成2年3月の「進めています 企業誘致で活力あるまちづくり」です。
市では、地元企業への経済波及や就業の場の確保などに大きな影響力のある、企業誘致を積極的に進めました。

[]

昭和24年から続く市広報みやざきが電子書籍で閲覧できる「宮崎市アーカイブス」。
ここでは、時代を感じさせる過去の面白い記事を発掘します!

 今回発掘するのは、平成2年3月の「進めています 企業誘致で活力あるまちづくり」です。
市では、地元企業への経済波及や就業の場の確保などに大きな影響力のある、企業誘致を積極的に進めました。

 市は、温暖な気候や美しい景観を生かした農林水産業や観光産業、サービス業などを中心に発展してきました。

一方で、製造業などの産業はあまり盛んではなく、大量に人材を雇用できる企業が少ないため、多くの若者が県外へ流出するという状況でした。

そこで、地域の産業を盛んにして、活力あるまちづくりを進めていくために、積極的に企業誘致に取り組んできました。


 当時は、ソフトウエア企業が中心に進出していたようですが、現在は業種も増え、中心市街地にはICT企業が集積し、また、市郊外には航空機関連製造業の立地も進んでいます。

立地した企業からは、空港から中心部へのアクセスがよいことや、優秀な人材が多いこと、自然を生かした余暇が充実し、仕事と遊びの両立ができることなど、宮崎に対する高い評価を得ています。

 今後は、企業誘致だけでなく、雇用の促進や市内で起業を志す人を応援する仕組みづくりも進めていきます。


注目!

市広報みやざき 2017年3月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック