西米良村長 黒木竜二

春の穏やかな日差しを受け、天地万物すがすがしい生命力にあふれる季節となりました。
村民の皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

[『力強く西米良の未来を思いやる』]

西 <br /> <br /> <br /> <br /> <br />

 このたび、村政133年目にあたり第42代西米良村長に就任いたしました黒木竜二でございます。黒木定藏前村長におかれましては、6期24年永きにわたり、観光振興、道路の改良促進、農林業における後継者育成、さらには教育環境の充実など、持続可能な村づくりの実現に向け、着実に歩みを進められたことに対し、深く敬意を表するところであります。
 わたくし、今後の村政を牽引していく者として、大変な重責を感じ、身の引き締まる思いであります。また、同時にこの西米良村を未来永劫にわたり継承すべく、全身全霊、真っ直ぐな気持ちで村政運営に取り組む覚悟でございます。村民の皆さま、どうぞご支援、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
 村民の皆さまにおかれましては、2年もの間、新型コロナウイルス感染症予防対策の行動規制により、大変な心労とともに、暮らしにも大きな変化が生じていることと存じます。
 県内におきましても、感染者数が高止まりしており、引き続きこまめな手洗い、うがい、消毒をしっかりと行っていただきますとともに、万が一、村内で感染者が出ても誹謗中傷のないよう、ご配慮のほど、よろしくお願い申し上げます。
 さて、これからの西米良村は大きな節目を迎えます。社会現象でもあります本格的な人口減少社会、超高齢化社会の到来における慢性的な人手不足、事業継承・担い手不足、コミュニティの維持も困難化することが危惧されています。
 それでも、村民総力で西米良村の伝統、文化、暮らしを次の世代へ繋いでいくことが重要であり、西米良村がこの先も「幸せ度の高い持続可能な村」となるよう、村政運営に取り組まなければなりません。そのためには、まず一番欠けてはならない存在であるのが、村民の皆さまそのものであります。
 村民の皆さまがいつまでもお元気で日常生活が送れる「健康寿命の延伸」と福祉のさらなる充実を図り、遠くの人よりそばにいる人が気づいて支え合う地域の体制づくりが重要となります。ここに暮らしておられる方々の活力が、西米良村の人口減少を緩やかにしていくことにも繋がります。
 具体的には、定住・移住者のための宅地調査や空き家活用の整備、世代に応じた子育て支援は継続して行ってまいります。
 農林業においては、担い手の育成を行う体制づくり、事業者同士の雇用確保の問題を共有することで人手不足解消の足掛かりになればと考えます。
 観光業に関しては、交流人口、関係人口の増加を図るために事業者同士の連携で新しい魅力を創出します。
 安全・安心な村づくりとして、防災・減災及び物流手段としての国道・県道改良、要望活動を継続して行うほか、道路、河川災害についても迅速な対応を行っていただけるよう、議員の皆さまと共に活動してまいります。
 さらにデジタル化の推進を図り、インターネット通信環境の強化、スマート農業、遠隔診療、ワーケーションなどを通じた起業誘致、教育におけるリモート授業など、時代の変化に対応した新たな事業にも取り組んでまいります。


『力強く西米良の未来を思いやる』

 西米良村民の皆さまと共にさまざまな問題を共有、解決していくことで、幸せ度の高い持続可能な村づくりを推進してまいります。
 最後に村民の皆さまのご多幸ご健勝をお祈り申し上げご挨拶とさせていただきます。


[プロフィール]
黒木竜二(くろぎりゅうじ)52歳
[略歴]
大学卒業後、自動車販売会社社員を経て、株式会社米良の庄に勤務。平成31年に西米良村議会議員に初当選した。八重地区に妻と2人暮らし。
◎趣味:剣道、アユ突き
◎尊敬する人物:黒木定藏前村長
◎座右の銘:直心是道場、和して動ぜず
◎好きな色:グリーン


西米良広報 カリコボーズ 2022年5月号

アイコン:ブックを見るブックを見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック