高千穂 夜神楽 まめ知識をまとめてみた!

カメラ持ち込みは基本的にOK!!知って得する高千穂まめ知識夜神楽編をまとめてみました!

初心者でも気楽に楽しめる高千穂神楽

[鈿女(ウズメ)の舞]

カメラ持ち込みは基本的にOK!!知って得する高千穂まめ知識夜神楽編をまとめてみました!

初心者でも気楽に楽しめる高千穂神楽

夜神楽のシーズン以外でも広く鑑賞出来るようにと始まった、夜神楽初心者でも気楽に楽しめる「高千穂神楽」。

高千穂の夜神楽全33 番の中から代表的な4番だけが披露される、名場面がギュッと詰まった短縮版。里神楽の舞手が日替わりで奉納する本格的な舞が人気。日によっては、立ち見の可能性があるため、早めに行って受付するのがおすすめ。

手力雄命が鈴と御幣を持ち、静かに音を聞いたり、考えたりしながら天照大神のお隠れになられている天岩屋を探し出す舞。


鈿女(ウズメ)の舞

手力雄命が探り当てた天岩屋から天照大神を誘い出そうと、天鈿女命が時には調子面白く、時には優雅に美しく舞う。


戸取(トトリ)の舞

手力雄命が杖を持ち、たすきを掛けた姿で、赤面の汗を拭い黒髪をふり乱しながら、渾身の力をこめて岩戸を取りはらう荒々しい舞。


御神体(ゴシンタイ)の舞

伊奘諾尊・伊奘再尊の二神が新穀で酒をつくり神前にささげる。お互い仲良く酒を飲んだり抱擁し合ったりしながら夫婦円満、子孫繁栄、五穀豊穣を祈願する舞。



平成27年 夜神楽の日程はこちら 高千穂観光協会夜神楽日程ページ

この記事をおすすめする人

高千穂 夜神楽 まめ知識をまとめてみた! 写真

miyazaki ebooks編集部

宮崎県内の観光・情報誌や広報誌などを電子書籍にして、厳選された記事を読みやすくお届けします。

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック