【決戦まであと3日】「フィジカル・モンスター」FW松村に大注目!

2015.7.19(日) 宮崎ダービー  13:00 KICK OFF!
J.FC MIYAZAKI 対 テゲバジャーロ宮崎がいよいよ開催!
綾町「錦原運動公園 国際交流広場サッカー場」

前節は土壇場同点&PK負け・・・雪辱を果たす!

[絶対に負けられない戦いになる]

2015.7.19(日) 宮崎ダービー  13:00 KICK OFF!
J.FC MIYAZAKI 対 テゲバジャーロ宮崎がいよいよ開催!
綾町「錦原運動公園 国際交流広場サッカー場」

前節は土壇場同点&PK負け・・・雪辱を果たす!

 前節5月10日の宮崎ダービー、テゲバジャーロ宮崎に2-0から追いつかれ、まさかまさかのPK負けを喫した。



→ 【泣くな! J.FC MIYAZAKI 宮崎ダービーマッチでまさかの逆転負け(2015.5.10)】

「このときからチームが変わった」

 皆が口をそろえてそう話す。
確かに変わったのだ。それは結果というカタチででている。

「キツいかもしれないが、試合が終わってから言え!負けた方がもっとキツいから!」

チーム内でお互いにこういいながら限界へ挑んでいる。


絶対に負けられない戦いになる

 J.FC MIYZAKIは現在、リーグ3位と好位置につけていて、2位のテゲバジャーロ宮崎、1位の新日鐵住金大分サッカー部を追いかけている。

 今の上位チームは、宮崎ダービー後、リーグ内の比較的強いチームと戦うため、まだまだJ.FC MIYAZAKIにも望みがある。たとえ1位を逃したとしても、九州社会人大会を突破し全国社会人サッカー選手権大会ベスト3位に入れば全国地域サッカーリーグ決勝大会が当然見えてくるはず。

この7月19日の宮崎ダービーに勝てば、2位に浮上。まさに絶対に負けられない戦いなのだ。


重戦車のごとく、相手のディフェンスを破壊する松村

 いまノリにノっている選手と言えば、松村(FW・背番号9)。

 ここぞというときの高い決定力を備えているとともに、フィジカルの強さを全面に出した前線へのアタックは相手チームにとって脅威。当たり負けしない松村は、前節の宮崎ダービーで何度もスペースを生み出すことになり、得点契機を作り出した。

 また最近の試合でも得点を決めており、高いモチベーションを保っている。

 彼はまさに重戦車のごとく、ディフェンスを「破壊」するプレイスタイルでチームに勢いをつけている。

 フィジカルの強さは現代のサッカーでは非常に重要な要素だといわれる。なぜなら玉ぎわの強さはボールを奪えるかどうかで、直接的に試合を決定づけてしまうし、また「全員攻撃、全員守備」を信条とするJ.FC MIYAZAKIにとって戦術の安定につながるからだ。


<松村とのポジショニング争いに、相手ディフェンスがよろける!まさに宮崎随一のフィジカルモンスターだ。>


ひと際目立つMF村山、そして中心選手の長友

さらに核となる選手はこの二人。

MF村山(背番号10)はゲームメーカーとして存在感がある。精度の高いプレースキックも武器だ。

最年長の長友(背番号7)はかつてアビスパ福岡でプレーするなど経験の豊富さから、チームの精神的主柱にある。最近、特にコンディションが上がってきておりチーム全体の士気を上げている。


<MFの村山(背番号10)はプレースキッカーだ。正確なパスで得点を演出している>


<シーズンの序盤こそ、出場機会に恵まれなかったものの、最近では活躍をみせる長友(背番号7)>


サッカー史上に残る"決戦"まであと3日

 松村が前線で動き、長友と村山が試合をコントロールする!今回の宮崎ダービーでは間違いなくこの3人がカギとなるだろう。そしてこの大一番を制するために彼らの活躍は不可欠。涙を流し眠れぬ夜を過ごしただろう前回の雪辱を果たすべく、誰よりも闘志を燃やしているに違いない。

 宮崎のサッカー史上に残る"決戦"まであと3日。

※サポーター必見のお知らせ
2015年7月16日(木)~2015年7月19日(土)まで「miyazaki ebooks」では毎日記事更新&速報、さらに試合の記事も予定!

 


宮崎ダービー 決戦を刮目してみよ!

J.FC MIYAZAKI  対 テゲバジャーロ宮崎

日時:2015年7月19日 日曜日 13:00 KICK OFF
場所:綾町 錦原運動公園 国際交流広場サッカー場

入場無料!



この記事をおすすめする人

【決戦まであと3日】「フィジカル・モンスター」FW松村に大注目! 写真

番記者ジェイ

「J.FC MIYAZAKI」を担当するmiyazaki ebooksのサッカー担当記者。チームへの取材、撮影を通してリアリティを追求する記事を書く。

おすすめ

J.FC MIYAZAKI

ピックアップ見る

こちらもおすすめ

人気記事

おすすめトピック